指揮者 鈴木 衛(Suzuki Mamoru)プロフィール



2012年に東京音楽大学指揮科を卒業。その後、上野学園大学にて学ぶ。
指揮を広上淳一、下野竜也、汐澤安彦、田代俊文、三河正典、大河内雅彦、船橋洋介の各氏に師事。
2017年4月より日本フィルハーモニー交響楽団にてピエタリ・インキネン氏のアシスタントを務める。
2016年より4年間にわたり京都市ジュニアオーケストラの副指揮者を務めた。
千葉県船橋市で毎年開催されている「千人の音楽祭」には2019年と2020年の公演に出演し、グランドフィナーレ等のステージを指揮した。
2014年と2015年には霧島国際音楽祭に参加し、高関健氏と下野竜也氏による指揮マスタークラスを受講。
毎夏に静岡県のグランシップで開催される「音楽の広場」公演では、2012年と2013年の公演で副指揮を務めた。
2012年にフィンランドのナーンタリで行われたヨルマ・パヌラ氏による指揮者講習会に参加し、最終日の祝賀コンサートに出演。
2010年と2011年に行われた、第2回・第3回オーケストラアンサンブル金沢主催の井上道義氏による指揮者講習会ではリレーコンサートに出演。
広島交響楽団、静岡交響楽団、広島ウインドオーケストラをはじめ、これまでに数多くの管弦楽や吹奏楽の公演を指揮する他にも、オペラの分野では2016年10月に東京都世田谷区の六所神社で行われた、六所の森クラシックコンサート第30回記念公演にてビゼー/歌劇「カルメン」を指揮した。
東京音楽大学在学中にはモーツァルト/歌劇「フィガロの結婚」やJ.シュトラウスU世/喜歌劇「こうもり」を指揮。
合唱では、2013年より四街道少年少女合唱団の指揮者として、定期演奏会等の公演を指揮。
また、毎年6月に神奈川県で開催される横浜開港祭での「ドリーム・オブ・ハーモニー」公演にて、2016年より3年間にわたり副指揮を務めた。
バレエにおいては、2019年7月に千葉県の浦安市文化会館で行われた、ヒラキバレエスクール第35回記念公演にてチャイコフスキー/バレエ「眠れる森の美女」を指揮した。
太田フィルハーモニー交響楽団とは、2019年の第21回定期演奏会に続いて今回が2回目の共演となる。

Topページに戻る